(投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

ご縁

  • まめ
  • E-mail
  • 2013/12/03 (Tue) 07:58:43
  先日 亀山の第九に 参加してきました。

まめの ブログ にも書いたのですが

そのメンバーの中に 今年夏に 四日市のムーシケで

ご一緒した 合唱団 ロンド の 方が名張から

参加されていて 先生方のお話など 楽しくさせて

もらいました 

四日市 合唱祭を 終えて♪

  • まめ
  • E-mail
  • 2013/11/25 (Mon) 18:11:27
昨日は お疲れ様でした。
鈴鹿の人に感想を聞きました。

四日市の女性合唱団は レベルが高い。
全体に アルトが響いていたのは「京」ぐらいかな?
出はじめの言葉が 明瞭でないため もやっとでている。

「すずらん」は最初の2曲はよかった。
3曲目は 音(声)がバラバラで聞こえてきた。

私は違う人から 先週の鈴鹿の舞台で 天井を向いてる
と言われ なおしていたつもりなのですが また上むいとる。

といわれていたみたいです。。。

また練習にはげみたいと 思います。

第7回定期演奏会

  • 土屋久美代
  • E-mail
  • 2013/07/29 (Mon) 23:52:53
私自身の出来は70点くらいでした。私自身の事を言えば、暗譜は耳だけでは曖昧にしか歌えないし楽譜が暗譜できてないと。ことばのないフレーズはソルミで覚えていないとだめだし、何拍のばすのか、半音下降していたっけ、とかの迷いがあって正確には歌えない状態です。
 でも指揮にかなり助けられ、歌いやすかったです。寝言でも歌えるほどにならないと、ことば・詩のイメージに想いを馳せた表現は ? だなと思いました。とはいえ、楽譜を見て歌うにしても暗譜できる位の自己練習は必修ですが。
 
娘の感想です。(合唱の指揮などについてハンガリー人の指揮 者の指導も受けてました)
ぼやいていたけれど、なかなか良かったよ。2ステは外出していたので聴けなかったけれど、メリハリの有る指揮で団員もその意図をくんで一体感が感じられ、なかなかの出来、好感持て楽しかったよ。かく舌の甘さが気になった、特に女声が。

私自身が満足できる歌いではなかったので悔いが残ってます。

モスクワ・アカデミー合唱団の演奏会

  • rice
  • 2012/12/03 (Mon) 10:06:30
行ってきました、ロシア国立モスクワ・アカデミー合唱団の演奏会!
男女八人ずつの編成でした。皆さんソリストとして充分活躍できるレベルの歌い手さんです。
プロは第1部がロシア民謡。
母なるヴォルガを下りて、暗い森で、赤いサラファン、若い私を、月が去った、なんと奇跡のようだ、出かけましょうか、時は過ぎ行き、トロイカ、歌えつばめよ、ときて次はカリンカで終わりだなぁと思っていたら、なんと日本語で「ともしび」が始まりました。感激!その次は「兎追いしかの山~♪」と「ふるさと」が始まり♪そのハーモニーの美しさにウルウルきちゃいました。そしてお待ちかねのカリンカです♪テナーソロがメッチャ美声で上手くて感動しました。
第2部は世界のアヴェ・マリアとX'masソング♪私はカッチーニとシューベルトのアヴェ・マリアが気に入りました。X'masソングの「シェドリック、シェドリック」も良かったですよ!ラフマニノフの「神の御母よ、喜べ」やヘンデルのハレルヤも聞き応えがありました。
とっても素晴らしい合唱が聴けて幸せでしたo(^o^)o

合唱祭!

  • おいちゃん
  • 2012/10/08 (Mon) 22:16:49
だれか感想書いてくださ~い(笑)

Re: 合唱祭!

  • Rice
  • 2012/10/08 (Mon) 22:45:21
本当にお疲れさまでした。大変だったこととお察しします。
お陰様で、気持ちよく歌うことができました。大ホールは音響の点では歌いにくいような感じがします。自分たち仲間の声が殆ど聞こえないんですよね。いつも周りの人に頼って歌っているかたには不安なステージだったかも・・・
というわけで、自分たちの演奏は良かったのか?イマイチだったのか?全然わかりません。リハーサルの時に(そんな勝手が許されるなら)ホールの客席の後ろまで行って聞いてみれば良かったかな?って思いました。指揮者の位置で聞こえる音楽と客席の後ろのほうで聞こえる音楽は違うと思います。特に言葉が聞き取れるかどうかについては相当違うはず。知人のプロの演奏家のかたは、リハーサルの時に必ず客席の後ろのほうに録音機を置いてから歌を歌われていました。舞台袖や舞台上での録音ではわからなことがあるようです。

おいちゃんが指揮されたもうひとつの団についてちょっと辛口コメント。後ろの真ん中の客席で聴きましたが、2曲目以外は歌詞が不鮮明で聞き取りにくかったです。誰もが知っている曲ならそれでもいいのでしょうけど、マニアックな曲だとちょっと厳しいかも・・・確かに音色は以前よりソフトになりハモリ安い感じになって来ましたよね!?その点は素晴らしいと思いました。

ヴェルディのレクイエム

  • おいちゃん
  • 2012/10/01 (Mon) 12:18:43
指揮者の永友博信先生が主宰していらっしゃるTOMS Japan
その20周年の演奏会が、今週末に開かれます。
曲目はヴェルディのレクイエム。。。大曲です(^^;
合唱で出演する職場の知り合いから、チケットをいただきました。
1枚余分があるんですが、どなたか行かれませんか?
ただ、合唱祭の前日の夜なんですよねぇ。。。
行きにくいかなぁ?

10/7(sun) 18:30 開演
愛知県芸術劇場コンサートホール

http://www.tomsjapan.info/index.html

9月17日のミニライブ(by moza)

  • ha-chan
  • E-mail
  • 2012/09/18 (Tue) 12:56:25
9月17日敏江ちゃん主催でカフェ・ド・モザさんでミニライブがありました。
これはモザのオーナーのブログです。Voceからは6人の仲間が参加しました。長いけど読んでね。

今日音楽ユニットNaNaさんの歌声を聞かせていただきました。
ユニットのメンバーの大野正さんと萩原きよみさんは奄美大島の御出身だそうです。
奄美大島は鹿児島県で、その地図上の南部先端には徳之島、沖永良部島、与論島と続き
その島の先端の海上を境に沖縄県があるという事を後で知りました。
おふたりの歌をお聞きしたのは今回が始めて。久しぶりに音楽のすばらしさを知りました。
意識はしていなかったのですが平和を願う歌ということもあったのかもしれません。
歌詞の意味をうまく理解できなかったのですが、
独特の奄美地方の歌声が心の奥にしみ込むように行き渡ってきたのです。

「この歌声は一体なんだろう?」

奄美の歌声に裏声を用いることも事前に説明がありました。
その歌声を聴いたとき日本風土記というテレビ番組の主題歌を思い浮かべました。
NaNaさんの節回しがよく似通っているように思えたのです。
実はずっと前から、この日本風土記のような民族の歌声を
生で聴いてみたいとひそかに思っていたのです。
それがTさんとの不思議なご縁で早々に実現したのです。
その独特の節回しの歌声を、不思議な気持ちで聞いていくうちに、
どこからともなくフツフツと涙がこみ上げて来ました。
演奏中にとどめなく出る鼻水と共にどのタイミングで拭き取るべきか大変苦労いたしました。

以前、同じようことを経験していました。
ヴァオリニストの千住さんリサイタルで「G線上のアリア」を聞いた時のこと。
その時のバイオリンは「ストラスバリウス」の「ディュランティ」と聞きました。
G線とはソの音、バイオリンでは一番太い弦で、そのG弦だけで弾くアリアの曲です。
その時も同じように自然と涙が湧いてきたのです。

ユニットNaNaさんのメンバー大野さんの作詞作曲の「天人菊の丘」は反戦歌というよりも、
むしろ奄美大島の民族の魂の叫び、それは聴く人々の心の淵まで響くものでした。
沖縄と奄美大島の三線の弦の太さが少し違うことも新鮮な知識となりました。
うまく説明がつきませんが音楽には不思議な力があるようです。
最後にラストソングとなった大野正喜さんの作詞、作曲である
「天人菊の丘」の歌詞をいただきました。
詳しくはユーチューブジャパン「天人菊の丘」で検索できます。この曲はCD発売されています。
その歌詞をご紹介したいと思います。

「天人菊の丘」

遥か南の 空を見上げ
蘇る微かな 記憶の片隅
貴方の最後の 笑顔だけが
涙で滲んで 思い出せない

幾度にも哀しみ 乗り越えて
風に静かに 揺れる天人菊

誰かのために 散るよりも
私のために 咲いて欲しい
言葉に出来ない 想いを込めて
手向けた 小さな花一輪

辛い別れの傍らで
風に静かに 揺れる天人菊

二度とここへは 戻る事はないと
貴方はわかって いたはずなのに
強い日差しの あの夏の朝
遠く南の 海へ散っていった

帰らぬ人を待ち続けて
風に静かに 揺れる天人菊

小さな花の 命さえ
守ると貴方は 言っていた
両手を合わせて 空を仰ぎ
幸せ願い 平和を祈る

幾度も哀しみ 乗り越えて
風に静かに 揺れる天人菊
風に静かに 揺れる天人菊

「私のために 咲いて欲しい・・・・」
そうなんです。きっと誰かが、あなたの知らないところであなたを待っていると思います。
今日この天人菊の種子をいただきました。
モザの花壇に植え、花が咲くことをイメージしています。
コーディネートしていただいたT様はじめ、多くの方のお世話でこの出会いが実現いたしました。
そしてここでNaNaさんの歌とそのお人柄を通じて、心の魂の叫びと勇気をもらいました。
その心の魂の叫びは「生きる」。
T様にとってこんな楽しいイベントのコーディネートは最後かもしれないとのことでした。
できればモザでNaNaさんの歌声を、T様はじめ皆様と一緒に再び聴けることを願っています。
ご参加の皆様、本当にありがとうございました。
またお会いできることを楽しみにしております。

またみんなでモザさん行きましょう。    by ha-chan

Re: 9月17日のミニライブ(by moza)

  • おいちゃん
  • 2012/09/18 (Tue) 22:54:50
良い時間を過ごされたようで(^_^)

モザマスターさんのブログはこちら↓
http://cafedemoza.blog69.fc2.com/blog-entry-288.html

「天人菊の丘」はこちら(?)↓
http://www.youtube.com/watch?v=EqPMkWdbKpI

モスクワ・アカデミー合唱団ソロイスツ

  • Rice
  • 2012/09/15 (Sat) 13:32:14
伊賀市で青山ハーモニーという女声合唱団で歌っています。
12月2日日曜日の14時から名張市、アドバンスコープADSホールでモスクワ・アカデミー合唱団の演奏会が開かれます。私たち青山ハーモニーは地域合唱団公演として11時から(地域合唱団4団体で約1時間程度)演奏します。こちらは入場無料です。
モスクワ・アカデミーの演目は第1部「郷愁のロシア民謡」第2部「世界のアヴェ・マリアを歌う」です。前売券は3,000円で、当日は500円アップです。座席は全席指定席になります。
ご興味のあるかたは是非、聴きに行ってくださいね。私(voceのSop.リーダーまで)に言ってくださればチケットの手配をさせていただきます。よろしくお願いします。

Re: モスクワ・アカデミー合唱団ソロイスツ

  • おいちゃん
  • 2012/09/18 (Tue) 22:42:14
来日公演があることは知っていましたが、
関東周辺、大阪、福岡しか把握していませんでした(^_^;)
県内でも公演があったんですね。。。

「世界のアヴェ・マリア」は、クリスマス・プログラムでしょうか?
どちらにしても、好きな人にはたまらないプログラムですね。

こっそりと…

  • おいちゃん
  • 2012/09/06 (Thu) 14:35:18
六本木へ向けて出発♪

ずっと行きたかったライヴ、
6年目にしてやっと初参加だ(≧∇≦)

堪能した〜♪

  • おいちゃん
  • 2012/09/06 (Thu) 22:28:01
終演…
まさか、アレが聴けるとは(≧∇≦)

さて、夜行バスで帰るとしますか(^。^;)

銀盤

  • おいちゃん
  • 2012/09/03 (Mon) 23:23:46
でけた♪

明後日、配ります